WEB内覧会|園山モデルハウス・階段&2Fホール編|興和テクノホーム
テクノストラクチャーの家 滋賀県での施工実績10年連続No.1

MENU

OFFICIAL BLOG公式ブログ

トップページ > 公式ブログ一覧 > WEB内覧会|園山モデルハウス・階段&2Fホール編

WEB内覧会|園山モデルハウス・階段&2Fホール編

おうち時間を楽しもう企画『園山モデルハウスWEB内覧会』

前回、階段をチラッとご紹介して終わっていました。

今日は その続き「階段と2Fホール」をご案内いたします。

せっかく吹抜けのリビング階段なので、開放感を邪魔しない、すっきりした商品を採用しました。

 

Panasonic「ベリティスプラスの採光階段」なら、蹴込み板のないオープンスタイルで、自然の光や風を通します。

側板を壁内に納めた、すっきりとした納まりなのでデザイン性も申し分ありません。
踏み板をしっかり固定する「隠し側板」「踏み板支持金具」で、ノイズレスな美しい階段です。

また、踏み板はPanasonic独自の凹凸加工を施した防滑シートで、滑り抵抗を向上させているので安心です。

踏み板の色柄バリエーションは5種類あり、モデルハウスではオーク柄を採用しました。

このシステム階段には、もちろん手すりもラインナップされていますが、モデルハウスでは よりシンプルでスタイリッシュな雰囲気を求めて 金物屋さんに特別に作っていただいた手すりを設置しています。

さすがはオーダーメイド!すっきりシャープで、モデルハウスの雰囲気にぴったり合っていますね 😀

このように「カタログから選ぶ」以外の選択肢もありますので、ご希望があれば お気軽にご相談くださいね !

 

続いて、ホール部分をご案内いたします。

2階ホールは少し可変性のある間取になっています。
トイレの横の空間は、将来的に間仕切り壁を作って収納スペースにすることも出来ます。

ここでは詳しく述べませんが、当社は新築だけでなく、リフォームなどの工事も承っておりますので ご用命くださいm(_ _)m

 

話が少し逸れました。本題に戻しましょう。

2階も1階と同じで、ベースとなるクロスはリリカラのLB9009、スマート巾木に廻り縁なし仕様です。
廃番情報も含め、詳しくは玄関編でご紹介しておりますので、そちらをご覧ください。

サッシについては外観編でも触れていますが、窓の性能によってお部屋の居心地が大きく変わります。
APW330は国内最高水準の断熱性能を誇る、頼もしい商品です。

詳しくはYKKapのHPでご確認いただけますので、そちらも是非どうぞ ➡

 

 

2階ホールでの見どころは、吹抜けに面した造作カウンターです。

Panasonicベリティスのインテリアカウンターとオプション部材を使って、多目的に使えるデスクのようなスペースを作りました。

読書をしても、手芸の作業スペースにしても、お子様の勉強スペースにしても、住まわれる方の暮らし方によって、どんな風にもお使いいただけます。

みんなでシェアできるこんなスペースは、きっと家族のつながりを強めてくれると思います。

インテリアカウンターは、お好みの形状、サイズに加工できるので、用途や設計プランに合わせたカウンターが作れます。
PanasonicのHPでいろいろなセットプラン例が見られますので、ご参考になさってください 😀
セットプラン例

皆さんなら、どんなスペースを作りたいですか?
ぜひ、いろいろ思いを巡らせてみてくださいね 😀

 

最後にトイレについて簡単にご紹介します。

2階のトイレはPanasonicの「アラウーノV」です。

この商品の一番のポイントは「低水圧対応」だと思います。
通常、タンクレストイレの設置には一定の水圧が必要になるため、戸建ての2階には設置に適さない場合もあります。
アラウーノVは、新設計ノズル(水が出るところ)と便器形状により必要最低水圧は0.05MPaで、低い水圧にもしっかりと対応していることから、戸建ての2階にも設置が可能です。
(ちなみに、1階に設置しているアラウーノS2の必要最低水圧は0.07MPaで、低水圧対応ではありません。)

その他 アラウーノVの特徴については、PanasonicのHPでご確認ください。
https://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/new_alauno_v/

 

内装も少し見ておきましょう。

写真で見ると天井も壁も白くて違いが分かりませんが、並べてみると織物調と塗り調で表情が違います。
リリカラのLB9009もそうでしたが、サンゲツのRE2537も廃番で、現在はRE7448という品番で販売されているようです。

 

アクセントには、トキワの黒のレンガ調クロスを採用しています。
黒のクロスを使うのはなかなか勇気がいると思いますが、トイレの面積は小さいので、思い切ったクロスに挑戦しやすいと思います。

 

床はサンゲツのヘリンボーン調のクッションフロアです。
モデルハウスで使用した品番は現在廃番になっているようです。
同じようなヘリンボーン柄の商品として、HM4029やHM4030が販売されているようですので、気になる方はこちらの品番でお調べください。

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、階段手すりや造作カウンターのように、オーダーメイドできる物もあることを知っていただけたかと思います。

お家づくりのご参考になれば嬉しいです 😀

 

 

さてさて。ご紹介するところも残りわずかになりました!
次回は、寝室と子供部屋をご紹介したいと思いますのでお楽しみに 💡

 

○+。.*.。+○+。.*.。+○+。.*.。+○+。.*.。+○+。.*

基本的には”STAY HOME”でありますが、1組ずつの完全予約制で現地ご案内可能です。

もし実物をご覧になりたい場合は、HPお問い合わせフォームよりご予約ください 。

○+。.*.。+○+。.*.。+○+。.*.。+○+。.*.。+○+。.*

 

 

 

 

興和テクノホーム

パナソニックビルダーズグループ

興和テクノホーム

滋賀エリアのお問い合わせ 0120-508-705
京都エリアのお問い合わせ 0120-77-5504

お問い合わせはこちら

WEB内覧会の最新記事

スタッフブログの最新記事

施工事例の最新記事

ページの上に戻る