猫のための家づくり|新しいモデルハウスが出来るまで#14|興和テクノホーム
テクノストラクチャーの家 滋賀県での施工実績9年連続No.1

MENU

OFFICIAL BLOG公式ブログ

トップページ > 公式ブログ一覧 > 猫のための家づくり|新しいモデルハウスが出来るまで#14

猫のための家づくり|新しいモデルハウスが出来るまで#14

こんにちは。事務の立花です。

 

連載でお伝えしてきました新しいモデルハウスも ようやく完成が見えてきました!

 

14回目の今回は 間取りや造作で「猫のために工夫したところ」を一挙にお見せいたしますヾ(ΦωΦ)/

 

まず最初に、、

猫は「快適な環境」を何よりも重視する動物だと言われています。

では、猫にとって快適な環境とはどんなものでしょうか?

運動スペースやトイレなどのアメニティスペースがしっかり確保されていること、

爪を研ぎたい!外を眺めたい!といった欲求を満たせること、

安心できる隠れ家(暗い場所や狭い場所)があること、などなど。。

 

どこまでやればOKか?

正直なところは猫に聞いてみないと分かりませんが(= ̄ω ̄=)

モデルでは出来る限りの工夫を盛り込みましたので、順にご紹介します!

 

 

パッと見て「猫のため」と分かりやすいのがキャットウォークやキャットステップだと思います。

今回のモデルハウスでは 吹抜け部分にキャットウォークとキャットステップを作り、十分な運動ができるようにしていますo(^=・ω・=^o)=3=3=3=3=3=3

 

キャットウォークは寝室からも自由に行き来ができて
途中には大きな窓が配置されているので 存分に外の様子を眺められます!

キャットウォークの幅や開口部の大きさ、ステップのピッチなど、猫の(標準的な)大きさや行動、身体能力も考慮して作っています∩(^ω^∩)

 

 

もう一つ、

画像はまだ製作途中ですが、ダイニングスペースの造作家具も 猫の運動スペースになります。

2段に分かれているスペースの下部には、3連(ごはん・猫草・お水)の食事台を置く予定です。

左のスペースは引き戸をつけて、キャットフードなどをストックできるようにします。

”猫溜まりボックス”も作って、猫が潜める場所も確保しています!

ちらっと見えている窓の下部にはカウンターを付けていますので、猫ちゃんが日向ぼっこできる場所になると思います。
窓を開ければ、外の匂いや風が感じられて適度な刺激も得られるのではないでしょうか?

 

 

さらに 既製品(MYZOO)の遊具も取り付ける予定です♪

画像はMYZOOさんのサイトからお借りしました。
こんな風に遊んでくれたらうれしいな(ฅ^・ω・^ ฅ)

 

 

そして、猫の「爪を研ぎたい」欲求を叶えるのは この階段前の柱です。

この柱には最終的に麻縄を巻いて、爪研ぎ柱にする予定です。

猫の爪研ぎを防止するのは不可能なので、爪研ぎスポットを設けて、なるべく他の壁や家具を傷めないようにします。

 

これが1Fの間取り図ですが、丸で囲った部分は、猫ちゃん用のトイレになります!

落ち着いてトイレができるように、あまり人目につかない場所を選びました。(トイレが汚れていないか、時折チェックするのを忘れずに^^)

まだ写真を撮れないのですが、
キッチンを通らなくても”猫穴”から直接トイレに行けます!

換気扇を設置してトイレの臭い問題にも配慮していますし、キッチンパネルを貼るので、お掃除もらくらくです^^

 

 

いかがでしょうか?

できる限り「猫も人も暮らしやすい」プランを考えたつもりです。

これから「猫と暮らす家」をお考えの方のご参考になるとうれしいです^^

 

モデルハウスOPENのご案内は また改めて行いますので、
ぜひ実物を見にいらしてくださいね!!

興和テクノホーム

パナソニックビルダーズグループ

興和テクノホーム

滋賀エリアのお問い合わせ 0120-508-705
京都エリアのお問い合わせ 0120-77-5504

お問い合わせはこちら

連載-新しいモデルハウスが出来るまで-の最新記事

ページの上に戻る