躯体工事完了!|新しいモデルハウスが出来るまで#10|興和テクノホーム
テクノストラクチャーの家 滋賀県での施工実績9年連続No.1

MENU

OFFICIAL BLOG公式ブログ

トップページ > 公式ブログ一覧 > 躯体工事完了!|新しいモデルハウスが出来るまで#10

躯体工事完了!|新しいモデルハウスが出来るまで#10

工務の河野です。

前回の上棟から引き続いて、金物の取付などの躯体工事が完了しました♪
今回は室内の様子や金物などを紹介したいと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

1階全景:筋交いなどが取付けてあります。

 

2階全景:梁などが強固に組まれどっしりとした小屋組です。

 

筋交いプレート:耐力壁に設ける筋交いと柱を連結しています。

 

ホールダウン金物:地震時や台風時に柱が土台や梁から抜けるのを防止します。強度によって様々な形があります。

 

羽子板ボルト:梁の両端部に設け、地震時や台風時の梁の脱落防止のために使用されます。

 

梁継手金物:梁同士の連結に使用されます。

 

これらの金物、どこにどう付けてるの?と思うかもしれませんが、すべて構造の解析によって取付け場所が決まっています。
違う場所に付けても効力を発揮しないので、その辺りをちゃんとチェックしなければなりません。おかげで図面はマーカーだらけです(^_^;)

 

先日は第三者機関の中間検査も無事に合格する事が出来ました!

いよいよこれから大工さんの腕の見せ所、床を貼ったりする、造作工事に入っていきます。
にゃんことゆったり暮らすための仕掛けも盛りだくさん!?ぜひ仕上がりをお楽しみに(*^_^*)

興和テクノホーム

パナソニックビルダーズグループ

興和テクノホーム

滋賀エリアのお問い合わせ 0120-508-705
京都エリアのお問い合わせ 0120-77-5504

お問い合わせはこちら

連載-新しいモデルハウスが出来るまで-の最新記事

ページの上に戻る