耐震性能が金額を左右する!?地震保険について | テクノストラクチャー工法の構造計算|興和テクノホーム
テクノストラクチャーの家 滋賀県での施工実績9年連続No.1

MENU

OFFICIAL BLOG公式ブログ

トップページ > 公式ブログ一覧 > 耐震性能が金額を左右する!?地震保険について | テクノストラクチャー工法の構造計算

耐震性能が金額を左右する!?地震保険について | テクノストラクチャー工法の構造計算

こんにちは、興和テクノホームです。

今回は、地震保険についてお話したいと思います
近年、東日本大震災や熊本地震、北海道胆振東部地震といった、非常に規模の大きい地震が続きました。
そんな中、地震保険についてテレビ番組などで取り上げられることが多くなってきたように思います。
地震保険は任意保険のため、今まで知られることが少なかったのですが、近年の大地震の影響で、ほとんどの方が火災保険と併せて加入されています

地震保険は、全損から一部損まで対応できるので、せっかく建てたお家に長く住むためにも、加入されることをおすすめしますが、気になるのは保険料。
なるべく家計に響かないようにしたいですよね。

実は地震保険は割引制度があり、お家の耐震等級によって変わるんです!
耐震等級1で10%、等級2で30%、等級3で50%の割引となります。

以下は、火災・地震保険料の例(滋賀県 新築戸建 延床面積120㎡ 保険金額2100万円 の場合)です。

火災保険料(10年間)→167,470円
地震保険料(5年間※耐震等級1)→50,400円

火災保険料(10年間)→167,470円
地震保険料(5年間※耐震等級3)→28,040円

その差は22,360円で30年間では134,160円も変わってきます!

テクノストラクチャー工法を採用する当社では全棟で耐震等級3を取得するようにしていますので、50%割引を適用することができます。
※住宅性能評価など証明書類申請に別途費用が掛かります。

お家を建てられる際は耐震性にもこだわっていただき、家族を守るだけでなく、家計にも優しい建物にしていきましょう!

気になる方は、ぜひご相談くださいね。

興和テクノホーム

パナソニックビルダーズグループ

興和テクノホーム

滋賀エリアのお問い合わせ 0120-508-705
京都エリアのお問い合わせ 0120-77-5504

お問い合わせはこちら

家づくりのノウハウの最新記事

ページの上に戻る