滋賀県の注文住宅・耐震住宅なら興和テクノホームへ
テクノストラクチャーの家 滋賀県での施工実績9年連続No.1

MENU

OFFICIAL BLOG公式ブログ

トップページ > 公式ブログ一覧 > 太陽光発電2019年問題とは

太陽光発電2019年問題とは

こんにちは。営業の初田です。

突然ですが、太陽光発電2019年問題ってご存知ですか?

2019年問題とは、2009年11月に開始した余剰電力買取制度(10年間は余った電気を高く買い取りますという制度)の固定買取期間10年間が満了する方が出てくる事を言います。
その数は、2009年度に運転開始したものと、それ以前から運転開始しているものを合わせると、56万件の住宅用太陽光発電の電力売電期間が終了します。

2019年問題の一番の問題点は、売電期間終了後の売電価格の想定が、当時は24円kWhだったのに対して、実際には11円/kWh程度に下がる見込みだということです。
これだけを読むと何か心配になってきますがご安心ください。

2019年問題、解決策は自家消費!

売電価格下落を軽減する方法として、有効なのが電気の自家消費です。当然、売電をする分の電力を自家消費すれば、売電価格下落の影響はありません。

自家消費量を増やすための方策としては以下の3つがあげられます。
•蓄電地の導入
•エコキュートの昼間利用
•電気自動車への充電

弊社ではリフォーム工事で蓄電池やオール電化工事など行っておりますので、
ご興味のある方はお気軽にご相談ください!

興和テクノホーム

パナソニックビルダーズグループ

興和テクノホーム

滋賀エリアのお問い合わせ 0120-508-705
京都エリアのお問い合わせ 0120-77-5504

お問い合わせはこちら

スタッフブログの最新記事

ページの上に戻る