外観に魅力的にする、屋根の種類をご紹介 | 興和テクノホームの家づくりコラム|興和テクノホーム
テクノストラクチャーの家 滋賀県での施工実績9年連続No.1

MENU

OFFICIAL BLOG公式ブログ

トップページ > 公式ブログ一覧 > 外観に魅力的にする、屋根の種類をご紹介 | 興和テクノホームの家づくりコラム

外観に魅力的にする、屋根の種類をご紹介 | 興和テクノホームの家づくりコラム

こんにちは。興和テクノホームです。

せっかく家を建てるなら家の外観も「魅力的なもの」にしたいですよね。
そんな家の外観は、家の形だけでなく屋根によっても印象が変わってきます。

今回は、屋根に焦点をおいてお話ししたいと思います。

屋根の種類はいくつかありますが、代表的なのは「切妻屋根」、「寄棟屋根」、「片流れ屋根」があげられます。

切妻屋根は2つに折れている屋根のことを指します。
オーソドックスな形ですので、切妻屋根の家はよく見かけますよね。

外観はシンプルな印象ですが、勾配の角度や軒の出の長さによって印象が変化します。

単純な構造なので雨漏りしにくく、安定した耐久性を備えているのが特徴です

太陽光システムを設置する際は屋根が東西向きの場合、発電効率が悪くなってしまいますので、注意が必要です。

寄棟屋根は四方向に下がっている屋根のことを指します。

特にハウスメーカーの家でよく用いられている屋根です。
家をいろいろな方向から見てもシルエットがあまり変わらず、なだらかな勾配になっているので、落ち着いた印象になります。
切妻屋根と同じく人気がありますので、よく見かけますよね。

どの方向からの風に対しても受け流せる形状をしていますので、台風に強い事があげられる一方、棟が多いため、雨漏りの可能性が高くなります。

片流れ屋根は一方向へ屋根が流れているのが特長です。

デザイン性が高くシャープな印象になり、よく私たちが思い浮かべる屋根とは違った形なので、モダンなイメージのお家になりますよ。

屋根裏の高さも確保しやすいので、ロフトや屋根裏収納も作りやすく、空間を有効活用したい人にはおすすめの形状です。
また屋根の面積が広くなりますので、太陽光発電システムがたくさん載るところもポイントですね

太陽光システムは南向きに設置する形になりますので、南から北に向かって傾斜が高くなります。そのため、北側のお家が近いとそのお家の陽当たりが悪くなる可能性がありますので、注意が必要です。

機能面の特徴として、構造が単純で雨漏れしにくいことがあげられる一方、1面で受ける雨量が多くなるので大きな雨樋が必要になります。

他にも陸屋根などありますが代表的なのは上記3つとなっています。
屋根は軒の出や勾配によっても雰囲気はガラッと変わりますので、ご相談時に事例写真などを見ながら用途やお好みに合わせてお選びください。

最後に、屋根の材料は簡単に交換できませんし、メンテナンス費用も安くはありません。
材料は少し高くても耐久性のあるものを選ぶ方が将来的にはお得になってきます。

まずはご相談くださいね。

興和テクノホーム

パナソニックビルダーズグループ

興和テクノホーム

滋賀エリアのお問い合わせ 0120-508-705
京都エリアのお問い合わせ 0120-77-5504

お問い合わせはこちら

家づくりのノウハウの最新記事

ページの上に戻る