滋賀県の注文住宅・耐震住宅なら興和テクノホームへ
テクノストラクチャーの家 滋賀県での施工実績9年連続No.1

MENU

OFFICIAL BLOG公式ブログ

トップページ > 公式ブログ一覧 > 住宅取得はどっちがお得???

住宅取得はどっちがお得???

こんにちわ、宮下です  😎

今年はいよいよ消費税増税ですね…orz

住宅業界は取り扱い金額が大きいので増税後の影響には戦々恐々です 😥

そんな状況ですので、先日なるべく影響が出ないような施策が発表されました。

※注意!私の個人的な寄せ集め情報ですので間違ってたり変更になったらゴメンナサイ!

参考程度にご覧ください(^-^;

 

①住宅ローン控除を3年間延長(10年→13年)

②すまい給付金の給付額を最大50万円に引き上げ(最大30万円→50万円)

③次世代住宅ポイントの復活(新築は最大35万ポイント)

…なかなか良さそうですね 😮

 

①の住宅ローン控除の延長はどうやら11~13年目の3年間で増税分の2%を控除できる仕組みのようです。

例えば2000万円(税抜)の住宅なら11~13年目は…

2000万円×2/3%=13.3万円/年の控除が3年間続きます。 😀

ただし年末ローン残高×1%がこの数字より低ければそこまで控除されません。

しっかりローンが残っていれば3年間で40万円(増税分2%)の控除が受けれます。

 

②のすまい給付金は今まで年収510万円を超えると受給できませんでしたが、今回の制度は年収775万円まで受給資格があるようです。また上限も30万円から50万円に。

年収450万円以下の方はしっかり恩恵を受けることができそうです。 😀

 

③の次世代住宅ポイントは当社の住宅なら30万ポイントはもらえそうです。(エコ・長持ち・耐震・バリアフリー)恐らく長期優良住宅の認定を取ればさらに5ポイント加算がありそうな記述です。 🙂

 

すべて条件がありますが、特に①と②に関しては収入で大きく変わりそうなのでご注意ください!また『最大』という言葉が必ず付きますので巷で出回っている数字だけを鵜呑みにしないようにしてくださいね!

 

逆にマイナスの情報としては住宅ローン金利が上昇傾向にあります。

例えば3000万円元利均等お借入、35年返済、ボーナスなしで試算しますと…

①金利1.0%の総返済額→35,567,998円

②金利1.1%の総返済額→36,158,229円(+590,231円)

③金利1.2%の総返済額→36,754,487円(+1,186,489円)

…0.1%金利が違うだけで約60万円、総返済額が変わってきます :mrgreen:

 

【私の結論】

ハッキリ言ってわかりません!

『買いたい時が買い時~』でいいんじゃないでしょうかね 😛

 

 

 

 

興和テクノホーム

パナソニックビルダーズグループ

興和テクノホーム

滋賀エリアのお問い合わせ 0120-508-705
京都エリアのお問い合わせ 0120-77-5504

お問い合わせはこちら

スタッフブログの最新記事

ページの上に戻る