滋賀県の注文住宅・耐震住宅なら興和テクノホームへ
テクノストラクチャーの家 滋賀県での施工実績9年連続No.1

MENU

OFFICIAL BLOG公式ブログ

トップページ > 公式ブログ一覧 > ケイミューの次世代外装パネルと言われる『レジェール』

ケイミューの次世代外装パネルと言われる『レジェール』New!!

こんにちは、営業の奥村です。
今回は屋根のトップメーカーであるケイミュー社の新外壁材『レジェール』についてご紹介したいと思います。

この外壁材はなんといっても2017年度のグッドデザイン賞も受賞するほど、非常にデザイン性に優れた商品です。
21mm厚の軽量外装パネルで、窯業サイディングでありながら、深い彫りを実現しています。
さらに性能面も素晴らしく、まず21mm厚の窯業サイディングでありながら、その重さは15~16mm厚の窯業サイディング材と同レベルの軽さを誇っています。また、表面には光触媒が採用されている為、外壁についた汚れをセルフクリーニングしてくれる等、理想的な外壁材に仕上がっています。

 

『レジェール』の大きな特徴として、材料表面に施されている『深い彫り』があげられます。従来の窯業系サイディングではありえなかったほどの深い凹凸が施されたレジェールは、圧倒的な風格をまとった邸宅を実現します。
また、深い彫りが光をとらえる事によって生み出す陰影は、一日の中でもころころと表情を変え、その表情豊かな陰影が格調高い邸宅を美しく表現します。
レジェールには、トリムロック、ランドウィッシュ、クリスタルキューブ、カーブストーン、トローンリッジの5つのパターンが用意されています。

 

レジェールには汚れをセルフクリーニングしてくれると人気の『光セラ』が採用されています。また、そこに防藻性能が高い銅を配合することによって、従来の防藻性能が約2.5倍にパワーアップしたとの実験結果も出ています。
レジェールは、光触媒の力で汚れを分解し、高い超親水性で外壁についた汚れを自らクリーニングするなど、非常に高性能な機能を持っています。また、セラミックコートがしっかり紫外線をガードし、無機塗装なのでその機能も長く効果が続くため、外壁の美観を長期間保ってくれます。

 

高級感のある外観にしたい方や、経年に伴う外壁の汚れが気になる方、ぜひご検討ください。

興和テクノホーム

パナソニックビルダーズグループ

興和テクノホーム

滋賀エリアのお問い合わせ 0120-508-705
京都エリアのお問い合わせ 0120-77-5504

お問い合わせはこちら

スタッフブログの最新記事

ページの上に戻る