つながりを愉しむ家|興和テクノホーム
テクノストラクチャーの家 滋賀県での施工実績10年連続No.1

MENU

OFFICIAL BLOG公式ブログ

トップページ > 公式ブログ一覧 > つながりを愉しむ家

つながりを愉しむ家

こんにちわ、宮下です 😎

先日テクノストラクチャーのモデルハウス『つながりを愉しむ家』の見学に行ってきました。

『空間と空間、屋内と屋外をゆるやかにつないでみる…』というコンセプト。

実際見てみるとすごく良かったです。今の時期は寒いので、特に住まいに対する要求は『断熱』や『床暖房』、篭りがちなので『換気』といったことに着目されがちです。もちろんこの性能も大切ですが、家に居てても楽しい、ワクワクする、早く帰りたいと思えるような『好き』になる要素がすごく良いなと感じましたね。次のモデルハウスには取り入れたいなと思ってます。

以下、そんなイメージ写真を…

実用性と趣味・娯楽性は相反しますが、趣味・娯楽性に実用性を付け加えていくようなイメージの家づくりが最高かなと個人的には思います。もう一回建てたいなーと最近は考えてしまいますね(-_-;)

最後にこのモデルと自宅から感じたことを。

屋内と屋外のつながりは基本的には庭と室内を繋げますよね。

私の家は庭へ出るために濡れ縁を設けましたが、雨ざらしになるので出る際に玄関から靴を持ってこなければならず、また段差が高く靴の脱ぎ履きが不便なんです。

このモデルは室内玄関土間で靴を履いて窓を開けてウッドデッキへ行けます。靴も運ばなくて済みますし、高低差もほとんどありません。またこのモデルのダイニング掃出し窓の外には大きなバルコニーがかかっており、屋根の役割を果たしてますのでこれまたいいなーと。(最後と最後から2枚目の写真参照してください)

次、我が家を建てるならぜひ採用したいなーと。(宝くじに期待!涙)

プランニングに関しましても興和テクノホームにお任せください(^-^)/

興和テクノホーム

パナソニックビルダーズグループ

興和テクノホーム

滋賀エリアのお問い合わせ 0120-508-705
京都エリアのお問い合わせ 0120-77-5504

お問い合わせはこちら

スタッフブログの最新記事

ページの上に戻る